MENU

アート&茶器

金継ぎ

CHAMART

金継ぎは、「割れ」「欠け」「ひび」がある陶磁器を漆で接着し、金や銀などの金属粉で装飾し修復する日本独自の修理方法です。金継ぎで、欠けたお皿や湯呑みが美しくよみがえります。
金継ぎで器が修復されると、その器にまつわる思い出もよみがえります。

2021年11月と12月に静岡県浜松市で開催された「新川企画舎」の計4回のワークショップに参加し、4つの器を金継ぎしました。

このワークショップは、今後「新川企画舎」から独立し「もちより金継ぎ会」として、浜松市内で年2回不定期で開催される予定です。

もちより金継ぎ会 インスタグラム @mochiyori_kintsugi
https://www.instagram.com/mochiyori_kintsugi/