MENU

お茶レシピ

ほうじ茶いちごミントゼリー

CHAMART

お茶を使ったレシピを紹介しています。
このレシピは、第三者による検証は行っていませんので、ご参考程度にお使い下さい。

材料(2人分):
ほうじ茶の茶葉 小さじ2杯
水 300cc
ゼラチンパウダー 5g
ぬるま湯 50cc
砂糖(お好みの量)
ミントの葉 数枚(煮出し用と飾り用)
イチゴ

作り方:
1. イチゴを小さく切ります。
2. ゼラチンパウダーを50ccの水で溶かします。
3. 鍋に水300ccとほうじ茶の茶葉小さじ2杯を入れ、数分煮立たせ、濃いめのほうじ茶を作ります。火を止め茶葉を取り出し、ほうじ茶に好みの量の砂糖を入れます。
ゼリーにして食べる時は、ほうじ茶は濃いめに淹れ、甘めにするのがオススメです。
4. 3にミントの葉を数枚入れ、ほうじ茶を冷まし、粗熱を取ります。
4. 水で溶かしたゼラチンを4のほうじ茶に入れ、泡立て器でしっかり混ぜます。
5. ほうじ茶からミントの葉を取り出します。
*ミントの葉は熱により変色するので取り出します。
6. 小さく切ったイチゴを4に入れ、冷蔵庫で冷やします。


*お茶の葉にはカフェインが含まれます。カフェインの摂取による、利尿作用、覚醒作用、抗がん作用などが認められています。一方で、カフェインの過剰摂取は健康に悪影響を及ぼす場合があり注意が必要です。特に妊娠・授乳中の方、子どもには摂取量に気を付けて下さい。
参照:
農林水産省 カフェインの過剰摂取について
https://www.maff.go.jp/index.html
公益社団法人日本茶業中央会(2013) 新版 茶の機能: ヒト試験から分かった新たな役割 第一刷 一般社団法人農山漁村文化協会
大森正司、阿南豊正、伊勢村護、加藤みゆき、滝口明子、中村羊一郎編(2017) 茶の事典 初版第一刷 朝倉書店
高野實、谷本陽蔵、富田勲、中川致之、岩浅潔、寺本益英、山田新市 (2005) 緑茶の事典 改訂3版 柴田書店