MENU

本 & 映画

石川忠久(著) 茶をうたう詩―『詠茶詩録』詳解

CHAMART

茶をうたう詩―『詠茶詩録』詳解
石川忠久(著)
研文出版 2011年出版


茶詩とは、お茶を詠んだ詩です。
「茶をうたう詩―『詠茶詩録』詳解」は、著者が全日本煎茶道連盟の月刊誌「煎茶道」に、昭和56年から6年半(80回)に渡り連載した「詠茶詩録詳解」を一冊にまとめたものです。「詠茶詩録」は、天保10年(1839)に日本の漢詩人・館柳湾(たちりゅうわん)(1762-1844)によって編纂されました。著者は、「詠茶詩録」に基づき、全ての詩に訳文と解説をしています。中国の唐代から明代の263首と館柳湾の茶詩3首が紹介されています。
訳文はとてもわかりやすく、語句や詩人について詳しく丁寧に説明されています。そのため、読者はこの本を読むだけで、それぞれの詩の情景を想像することができるでしょう。
江戸時代の館柳湾から始まりこの本が出版されるまでに、どれだけの時間と労力がかったのだろうかと、感嘆の念を抱きます。

白居易(772-846)など多くの詩人が、お茶を礼賛し詩にしています。
李白(701-762)と杜甫(712-770)の茶詩はそれぞれ一首のみ記載されています。
お茶を飲むこと、新茶、茶園、茶摘み、製茶、臼でお茶をひくこと、お茶の淹れ方、茶釜、茶碗、友人が贈ってくれたお茶への感謝など、お茶に関するあらゆることが、優雅に美しく詩に表現されています。
唐代の李郢(りえい Liying)の「茶山貢焙歌」など、数は少ないですが、茶産地の厳しさを詠んだ詩もあります。

サイト内関連記事「中国のお茶の歴史3  7〜10世紀初め

この記事は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。