MENU

本 & 映画

西野真(著) 大井川連環の譜 近代日本茶物語

CHAMART

大井川連環の譜(おおいがわれんかんのふ) 近代日本茶物語
西野真 (著)
幻冬舎 2020年出版

この本は、江戸時代後期から明治時代にかけた駿河志太郡伊久美(現在の静岡県島田市)の茶師や茶農家たちのお茶の物語です。
茶農家らが江戸の茶問屋らへの茶代金の不当な値引きや茶の取引きの自由化を訴えた「文政の茶一件」や宇治の煎茶の製茶方法の導入、元幕臣らの茶園開墾、日本茶の海外輸出について書かれています。
この小説の中心人物であり、静岡県の茶業に多大な貢献をした阪本藤吉(藤四郎)の阪本藤吉製茶之碑は、静岡浅間神社に建てられています。

この記事は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。