MENU

博物館 & 公園

セイロンティーミュージアム Ceylon Tea Museum(スリランカ キャンディ)

名称:セイロンティーミュージアム Ceylon Tea Museum
所在地:スリランカキャンディ
開館時間:
火曜日から土曜日08.30am to 15.45pm、日曜日:08.30am to 15.00pm
休館日:月曜日とポヤフォーリングウィークデイ
入館料:800LKR
駐車場:あり
交通・アクセス:公共バス、タクシー
キャンディー市内中心部から、ミュージアム行きのバスが運行しています。
開館時間、料金、アクセス等その他詳しい情報は、セイロンティーミュージアムのサイトでご確認下さい。
セイロンティーミュージアムURL:
http://www.ceylonteamuseum.com

2019年12月訪問時情報

展示物 揉捻機(2019年11月)

展示物「The journey From Leaf to Cup (茶葉からカップまで)」(2019年11月)

5階のティールーム(2019年11月)

キャンディーの小高い丘の上に、セイロンティーミュージアムがあります。
セイロンティーミュージアムは、5階建ての元製茶工場です。高地にある製茶工場は、平家ではなく5階建ての建物が多く、1階に設置したモーターの動力で、3階から5階に設置した巨大なファンを回して風を送り、工場内の温度調節をしていました。

元製茶工場のセイロンティーミュージアム(2019年12月)

サリーを着たミュージアムスタッフが、英語でミュージアムを案内してくれます。また、展示物には英語の説明書きがあります。このミュージアムの展示物はとても充実しており、見応えがあります。
1階は、紅茶の製造工程に関するパネルと製茶機械が展示されています。

ミュージアムを案内してくれたスタッフと1階に設置されたモーター(2019年12月)

ミニチュアの紅茶製造工程の製茶機械(2019年12月)

ミュージアムの2階には、この製茶工場にあった萎凋棚と萎凋のための巨大な3枚刃のファンが保存されています。1階のモーターの動力このファンを回し風を送り込み、工場の温度調節をしていました。ファンが大き過ぎて、全体を撮影することができませんでした。

萎凋(いちょう):紅茶や半発酵茶を作る時に、生葉を萎れさせる工程。萎凋をすることで、生葉の水分を減少させ、揉捻しやすくし、香りや味を形成する成分の化学変化を促進させます。

2階の萎凋棚(2019年12月)

萎凋のための巨大なファン(2019年12月)

3階と4階には、ティーテイスティングユニット、世界のお茶とスリランカのお茶の歴史、ティーボイラーなどが展示されています。

写真左:紅茶ブランド「リプトン」の創設者トーマス・リプトン
写真右:セイロンティーの父「ジェームス・テイラー」(2019年12月)

最上階の5階には、お茶の効能などがパネルで紹介されています。ショップとティールームもあります。

お茶の効能に関する展示物(2019年12月)

ショップで販売されていたスリランカのフレーバーティー(2019年12月)

最上階5階の天井から吊るすように、キャットウォークと呼ばれる細い通路が設置されています。製茶工場として使っていた時、マネージャーは定期的にキャットウォークを歩き工場全体を見渡していました。

5階のティールーム(2019年12月)

キャットウォーク(2019年12月)

2019年12月訪問時の情報

サイト内関連記事「世界のお茶 スリランカ

参照:
日本茶業学会 茶の科学用語辞典(第3版)編集委員会 茶の科学用語辞典(第3版) 日本茶業学会
荒木安正、松田昌夫著(2002) 紅茶の事典 初版 柴田書店