MENU

TYPES OF TEA 世界中のお茶を紹介しています。 ※本サイトは、オンラインショップではありません。

その他

東南アジア・オセアニア

タイ 野生茶

お茶は、緑茶、白茶、黄茶、青茶(烏龍茶)、紅茶、黒茶の6つに分類されます。本サイトでは、CHAMARTが出会ったさまざまなお茶を紹介しています。

野生茶:野生のお茶の木の茶葉で作ったお茶。このお茶はメーカンポン村で購入しました。購入時にお茶の種類や作り方について聞くのを忘れていました。
産地:タイメーカンポン村
茶葉の形状・色:茶葉は大きく撚りがあります。茶葉の色は灰色がかった黒色です。
水色 (すいしょく):朱色
風味・香りなど:あっさりしていてほんのり甘い香りがし日本の番茶に似ています。しかし、濃く淹れると紅茶のような味です。

メーカンポン村(2018年12月)

タイ北部メーカンポン村 村のあちらこちらに生息しているお茶の木(2018年12月)

メーカンポン村のお茶の木の葉(2018年12月)

メーカンポン村のWild tea(野生茶) (2018年12月)

メーカンポン村は、チェンマイから車で約1時間半の場所にある小さな村です。メーカンポン村はタイでは大変人気のある観光地です。筆者が2018年12月にメーカンポン村を訪問した時、たくさんの若者が訪れていました。村にはメーカンポン滝やおしゃれなカフェやレストランがあります。
メーカンポン村のあちらこちらに野生のお茶の木が生えています。野生茶、ミアンや茶葉を使った靴の消臭剤を販売していました。

メーカンポン村のお土産 茶葉を使った靴の消臭剤(2018年12月)

サイトCHAMART内記事「世界のお茶 タイ

*本サイトでは、CHAMARTが実際に飲んだお茶を紹介しています。各記事は、執筆者の個人的な経験や感じたことなども表現されており、記事内のお茶の全てを表すものではありません。