MENU

本 & 映画

水面かえる(著) 茶の涙-Larmes de the’ 1〜4巻

CHAMART

茶の涙-Larmes de the’ 1〜4巻
水面かえる(著)
マッグガーデンコミック EDENシリーズ 2010年出版

老舗茶問屋「神那木」の一人娘とフランス人青年の間に生まれた、内藤涙(ルイ)。
涙は両親の愛情を知らず辛い幼少期を送りながらも、「神那木」の筆頭茶師になります。
一度は茶師を辞めフランスへ渡りますが、一人の日本人女性と出会い、日本に戻り再び茶師となり、日本茶そして自分の過去に向き合います。
各巻の巻尾には、漫画「日本茶 茶のばなし」が掲載されており、氷出しのお茶の淹れ方やお茶の品種などが、漫画でわかりやすく描かれています。

茶師:
江戸時代、抹茶の原料となる碾茶の生産家のことを、茶師と呼んでいました。公家や将軍家や天皇家に御用を勤める茶師は御茶師と呼ばれました。
現在は、手揉み製茶技術の指導者、機械製茶の荒茶や仕上げ加工において高度な技術を持つ人を茶師と呼びます。

参照:
高野實、谷本陽蔵、富田勲、中川致之、岩浅潔、寺本益英、山田新市 (2005) 緑茶の事典 改訂3版 柴田書店
日本茶業学会 茶の科学用語辞典(第3版)編集委員会 茶の科学用語辞典(第3版) 日本茶業学会

#本