MENU

Globally Important Agricultural Heritage Systems (GIAHS) related to tea

お茶に関する世界農業遺産

世界農業遺産
『世界農業遺産』(正式名称「世界重要農業遺産システム・Globally Important Agricultural Heritage Systems, GIAHS」)は、国際連合食糧農業機関(The Food and Agriculture Organization of the United Nations, FAO)が、社会や環境に適応しながら、何世代にもわたり継承されてきた独自の伝統的な農林水産業と、それに関連する文化や知識、景観および生物多様性が相互に維持され、将来に受け継がれるべき重要な農林水産業システムを認定する制度です。

FAOは、世界の農水産業の発展と農村開発に取り組む国連の専門機関で、本部はイタリアのローマにあります。 FAOは開発途上国を中心に、貧困と飢餓に苦しむ人々の栄養状態と生活水準を改善することにより、全ての人々が健康な生活を送ることを目指します。

世界農業遺産は2002年に開始され、2021年9月時点において、22ヶ国に62地域の農林水産業システムが世界農業遺産に認定されています。その内、茶業のみに関する世界農業遺産は、中国に2地域、日本に1地域、韓国に1地域あります。

宮崎県の「高千穂郷・椎葉山の山間地農林業複合システム」は、茶業を含めた複数の農林業として世界農業遺産に認定されています。

現在、中国の安渓鉄観音茶文化システム(Anxi Tieguanyin Tea Culture System, China)が認定申請中です。

認定日とお茶に関する世界農業遺産
2012年9月5日 ーアルの伝統的茶農業(中国)
2013年5月3日 岡の茶草場農法(日本)
2014年4月29日 福州のジャスミン・茶栽培システム(中国)
2017年11月28日 開村における河東地方の伝統的茶栽培システム(韓国)

2015年12月15日 高千穂郷・椎葉山の山間地農林業複合システム(日本)

参照: 
The Food and Agriculture Organization (FAO), GIAHS Globally Important Agricultural Heritage System  http://www.fao.org/giahs/en/
Anxi Tieguanyin Tea Culture System
http://www.fao.org/giahs/giahsaroundtheworld/giahsaroundtheworld/proposed-sites/asia-and-the-pacific/anxi-tieguanyin-tea-culture-system/en/
FAO駐日連絡事務所 Liaison Office in Japan http://www.fao.org/japan/en/
GIAHSとは?http://www.fao.org/japan/portal-sites/giahs/en/
農林水産省HP、世界農業遺産Globally Important Agricultural Heritage Systems (GHIAS)
www.maff.go.jp/j/nousin/kantai/giahs_1_1.html