MENU

Globally Important Agricultural Heritage Systems (GIAHS) related to tea

1. プーアルの伝統的茶農業(中国)

農林水産業システムの名称:
プーアルの伝統的茶農業
Pu’er Traditional Tea Agrosystem
地域:中国雲南省普洱(プーアル)市
認定日:2012年9月5日

雲南省普洱市の茶畑 (2019年12月)
黄色と青色のパネルは粘着性があり虫を捕まえるためのもの?!

世界の茶の起源
中国雲南省は茶の原産地と言われ、雲南省は世界各地に広めた茶馬古道の出発点でもあります。プーアルの伝統的な茶業は千年以上の歴史があり、生物の多様性に寄与するだけでなく人々の生計を支え、人々の生活にはお茶文化が深く根付いています。

中国普洱茶博覧苑 (中华普洱茶博覧苑)、茶馬古道跡 (2019年12月)

森林を守る野生古茶樹群
雲南省の森林には、野生の古茶樹群が農薬や化学肥料に頼ることなく、自然の恵みで生息しています。人々は栽培茶園だけでなく野生の古茶樹からもお茶を作っています。野生の古茶樹群は森林の保全の役割を果たしています。

雲南省南糯山の古茶樹 (2019年12月)

野生古茶樹の樹冠(じゅかん:木の上部の葉が生茂るところ)は、大量の光を反射し吸収することで地表面の環境を効果的に調整し、この樹冠により大雨の際に雨水が1箇所に集中することを防ぎ洪水の発生を抑えています。

雲南省南糯山の古茶樹群を歩くハニ族の女性 (2019年12月)

ハニ族、プーラン族など雲南省には数多くの少数民族が住んでいます。それぞれの少数民族には、お茶を中心とした作法、芸術、歌、料理、しきたりがあり、世代を通して受け継がれています。結婚式、葬儀、祝い事、宗教行事など、人々の生活にお茶は欠かせない存在になっています。

西双版納州孟海県南糯山Y口老寨 哈尼族の女性が作るプーアル茶の煮卵(2019年12月)

山地農業は人々の主な生計手段となっており、米、とうもろこし、冬小麦、豆、根野菜、油脂作物を生産しています。プーアル茶は世界中で販売されており、地域経済に貢献しています。

写真左:プーアル餅茶 写真右:プーアル茶の餅茶製造のための重石
普洱市寧洱ハニ族イ族自治県同心鎮那柯里村(2019年12月)

中国洱茶博覧苑 プーアル茶の熟茶と生茶 (2019年12月)

普洱市には、普洱茶博物館、中華普洱茶博覧苑、茶馬古道のテーマパーク茶馬古道旅行景勝区などお茶に関する施設がたくさんあります

普洱茶博物館(普洱市博物館2F)(2019年12月)

サイト内関連記事「お茶の世界農業遺産」「世界のお茶 中国のお茶」「お茶の種類 雲南七子餅茶普洱(プーアル)熟茶邦丙普洱(プーアル)生茶小青柑普洱(プーアル)茶」「博物館 & 公園 中華普洱茶博覧苑(中华普洱茶博覧苑)」「博物館 & 公園 普洱茶博物館 (普洱茶博物馆) 」「博物館 & 公園 普洱茶馬古道旅游景区(普洱茶马古道旅游景区)

お茶関連施設:中国普洱茶博覧苑 (中华普洱茶博覧苑)、普洱茶博物館(普洱茶博物馆)、茶馬古道旅行景勝区(茶马古城旅游景区)、那柯里茶馬古道(那柯里茶马古道)

#世界農業遺産 #プーアル茶 #普洱茶 #中国茶 #茶樹王 #茶馬古道 #中国 #普洱市 #普洱茶 #普洱市 #GIAHS #FAO

参照:
The Food and Agriculture Organization (FAO), GIAHS Globally Important Agricultural Heritage System  http://www.fao.org/giahs/en/
FAO, GIAHS Globally Important Agricultural Heritage System, Pu’er Traditional Tea Agrosystem
www.fao.org/giahs/giahsaroundtheworld/designated-sites/asia-and-the-pacific/puer-traditional-tea-agrosystem/en/
FAO駐日連絡事務所 Liaison Office in Japan
http://www.fao.org/japan/en/
GIAHSとは?
http://www.fao.org/japan/portal-sites/giahs/en/
農林水産省HP、世界農業遺産Globally Important Agricultural Heritage Systems (GHIAS)
www.maff.go.jp/j/nousin/kantai/giahs_1_1.html

*本記事に関して間違った情報、新しい情報、追加すべき情報などお気付きの点がありましたら、CHAMARTまでご連絡いただけると幸いです。