MENU

LEARN

お茶の歴史

日本のお茶の歴史1「8世紀」

日本のお茶の歴史1「8世紀」

奈良時代(710-794)
8から9世紀頃、中国から日本にお茶が伝わったと考えられています。
荼(タ・になが )と書かれた奈良時代の木簡が発見されています。
室町時代に一条兼良(1402-81)が、宮廷行事の由来について著した「公事根源(くじこんげん)」には、天平元年(729)に内裏で引茶の儀が行われたという記載があります。引茶とは、春二月と秋八月に行われた季御読経(きのみどっきょう)の時に、お茶を出す仏教行事でした。
平安時代の歌人・藤原清輔(1104-77)が著した歌学書「奥儀妙(おうぎしょう)」には、天平6年(734)の引茶の記載があります。
「東大寺要録」には、天平の時代(729-784)には、「行基が諸国に堂者を建立すること四十九箇所、これに茶木を植えた」という記載があります。
奈良時代の木簡に書かれた荼がお茶を意味するのか、そして奈良時代にお茶が飲まれていたかは、まだ明確にはわかっていません。

注:お茶は植物としては「チャの木」または「チャ」とカタカナで表記されます。「チャ」はツバキ科の常緑樹で学名はCamellia sinensis (L.) O.Kuntzeです。
本サイトではカタカナは使わず「お茶の木」「お茶」と表記しています。

参考文献:
松崎芳郎著(1992) 年表茶の世界史(初版) 八坂書房
社団法人農山漁村文化協会編集(2008) 茶大百科 I歴史・文化/品質・機能性/品種/製茶(第1刷) 社団法人農山漁村文化協会
大森正司 ・阿南豊正 ・伊勢村護 ・加藤みゆき ・滝口明子 ・中村羊一郎編(2017) 茶の事典 (初版) 朝倉書店
高野實、谷本陽蔵、富田勲、中川致之、岩浅潔、寺元益英、山田新市 執筆 (社)日本茶業中央会監修 (2005) 緑茶の事典 改定3版 柴田書店
橋本素子著(平成28年) 日本茶の歴史 (茶道教養講座) (初版) 淡交社
五味文彦・鳥海靖編(2010) もういちど読む山川日本史(第1版) 山川出版社
「世界の歴史」編集委員会編(2009) もういちど読む山川世界史(第1版) 山川出版社

サイト内関連記事「日本のお茶の歴史2  9〜12世紀」「日本のお茶の歴史3  12〜16世紀