MENU

LEARN

お茶の淹れ方

煎茶(普通蒸しと深蒸し)の淹れ方

煎茶(普通蒸しと深蒸し)の淹れ方

CHAMARTの煎茶(普通蒸しと深蒸し)の淹れ方(1人分)
茶葉小さじ山盛り1杯 (2〜3g)の淹れ方をご紹介しています。茶葉の量が小さじ山盛り2杯の場合は、お湯の量を増やして下さい。
お茶の淹れ方はいろいろあります。お湯の温度、量、浸出時間など、ご自身で楽しみながら、お好みの淹れ方をみつけて下さい

急須(帯網急須を使用)
ティーカップまたは湯呑み
茶葉小さじ山盛り 1杯 (2〜3g)
沸騰したお湯ティーカップ1杯(250cc)

深蒸し茶の茶葉 スプーン1杯 2〜3g

1. 沸騰したお湯を急須に注ぎます。
2. 急須のお湯をカップ九分目まで注ぎます。急須に残ったお湯は捨てます。
茶葉がお湯を吸収するので、カップ八分目ぐらいの量のお茶ができます。
3. 急須に茶葉小さじ1杯を入れ、カップのお湯を急須に注ぎます。
4. 約3分待ちます。濃いめのお茶を淹れたい場合は、4〜5分待って下さい。
5. 急須からカップにお茶を注ぎます。最後の一滴まで注ぎます。

カップの容量の目安
写真左のカップの容量 250cc 8分目 200cc
(高さ9.5cm 内径7cm 底の内径4cm)
写真右のカップの容量 350cc 9分目 280cc (高さ9cm 内径7.5cm)


湯冷し

ティーポットやカップの厚さにもよりますが、沸騰した100度のお湯をティーポットからカップ、カップからティーポットへお湯を移動させる毎に、お湯の温度は約10度下がります。
約70〜80度に湯冷ししたお湯で、ゆっくりお茶を淹れると、苦味が少なくうま味のあるお茶になります。


二煎目以降のお茶
最後の一滴までお茶を出すと、茶殻が注ぎ口に集まり詰まってしまいます。二煎目を淹れる前に、急須のお尻を手で軽くポンとたたくと、茶殻は急須の底に落ちます。
二煎目は、湯冷しをせず熱いお湯を使い、渋味と苦味のあるお茶を淹れ、お茶の味の違いを楽しむことができます。
煎目までお茶をいただくことができます。

急須の蓋の穴の位置
急須の蓋は、蓋の穴が注ぎ口側に位置するように置きます。お茶を湯飲みやカップに注ぐ時に、この穴から空気が急須の中に入り、急須の中で茶葉が対流し、茶葉が広がり、お茶の成分をしっかり抽出することができます。

急須の持ち方
急須の持ち方はいろいろあります。

片手(右手)だけを使い、人差し指で急須の蓋を押さえて、お茶を注ぐ。

片手(右手)だけを使い、親指で急須の蓋を押さえて、お茶を注ぐ。

左手で急須の持ち手を持ち、右手で急須の蓋を押さえて、お茶を注ぐ。

サイト内関連記事「急須